任意売却を検討する|評判のいい積水ハウスに任せよう|安心して任せられる
住宅模型

評判のいい積水ハウスに任せよう|安心して任せられる

任意売却を検討する

模型と書類

任意売却という段取りを取らないまま、住宅ローンを返済せずに強制執行によって住居が競売にかけられると、居住者には大きな不利益が襲ってきます。なぜなら、まず大きな問題点として競売の場合、所有している不動産の本来の商品価値よりもかなり低い価格で売られてしまうという問題があります。時には、競売によって決まった売却価格は市場価格相場の半額程度に収まってしまったという例もあります。それによって残債が残ってしまった場合、結局それを返済する義務が残ってしまうこともあります。さらに、競売にかけられることによってその物件は、競売物件として世間に晒されてしまいます。結果、自分の居住していた物件の住所が知れ渡ってしまい、あそこの家は借金が返せなかった家だという認知を周囲にされてしまいます。また、まだ次の家の段取りすらも決まっていないのに立ち退きをさせられるため、生活の立て直しそのものが困難になります。加えて、売却したお金があるはずなのに、物件所有者には一切お金が残りません。これらのリスクを可能な限り撤去できるのが、任意売却です。住宅ローンを払えなくなったなら、任意売却を検討するべきです。その理由として、競売によって生まれるリスクを可能な限り軽減できるという長所があります。

相場価格より安く売られていくことを防ぐことが出来るため、残債と対比して売却益を生むことも可能になる可能性があります。さらに、この場合は通常の不動産売買の形式を取るために借金が元で売却した、という認知が周囲になされません。また、いきなり立ち退きを求められるのではなく、きちんと段取りを行ってからの引越が可能で生活も崩れにくいです。加えて、売却益の一部を受け取って引越し代の足しにすることが出来る可能性もあります。最大で30万円を獲得できるため、引越し先への敷金や礼金など初期費用をカバーできるのは非常に大きいです。つまり、競売の場合はゼロになるどころかマイナスからのスタートになってしまいます。ですが、任意売却であればマイナスになる可能性を抑えるどころか、ゼロにならない可能性もある手法だといえるため住宅ローンの支払いが困難な場合は任意売却を選択する方が良いのです。