住宅模型

評判のいい積水ハウスに任せよう|安心して任せられる

住宅ローンを滞納した場合

困る男性

日本人は持ち家志向が強く、いつかはマイホームを購入したいと考える家庭が多いといわれています。マイホームは非常に高額な買い物となるため、住宅ローンを組んで購入することが一般的です。その際、しっかりと資金計画を立てずに、話しの流れで無理な資金計画でローンを組んでしまう人も少なくないといわれています。また、住宅ローンは非常に長期間にわたるローンのため、その後に離婚や思わぬ失業などが原因でローンの返済が滞ってしまうこともあります。そうした場合、金融機関はローンを組んだ物件に抵当権を付けていることが一般的なため、裁判所に強制競売を申し立てて、競売による売却益で貸し付けた資金の回収を図るという流れになります。

競売による売却の場合、最低売却価格は市場価格よりも低く設定されることが一般的なため、安く買いたたかれて売却後もローンの返済だけが残るケースもあります。強制競売に至る流れの前に、早めに金融機関側と相談する機会を持てれば、返済計画の見直しなどで対応が可能なケースもあります。また、強制競売の前に任意売却という形で買い手を探すことができれば、競売で処分するよりは高値で物件を売却することができる可能性もあります。任意売却を希望する場合は抵当権者の同意が必須となるため、今後の手続きの流れなどを含めて確認するとよいといえます。また、任意売却にあたっては地元の不動産の売買事情に詳しい不動産業者に相談するといいでしょう。